ビジネスで使う文書の書き方、文例、例文、お詫びやお礼の文書例また手紙文書例を上げ、暮らしで使う文書の書き方、ビジネスや暮らしを円滑化する文章の常識、文章校正、手紙の常識と豊富な文書の無料テンプレートのサイトです、伝わる相手の心を揺さぶるビジネス文書を書いてみませんか。

ビジネス文書 文例 例文


【送料無料】パパッと出せるビジネス文書・文例Wordテンプレート500
SponsoredLink

新着記事

Favorite Link
記事検索

Categories
[ HOME職場人間関係 > 上司と部下の関係に取り組む姿勢 ]

上司と部下の関係に取り組む姿勢

< 上司と部下の関係に取り組む姿勢の記事はココから >
JUGEMテーマ:ビジネス

 前回、ビジネス特に会社内における、ある意味で密閉された中での人間関係の中で、第一のかまえから、第四のかまえに関して少し紹介さしていただきましたが、では会社にでの上司と部下といった一部のやり取りではなく、人と人がどのような育て方をされるとそれぞれのかまえの型にはまって行くのかを少し説明したいと思います。

 前回の中に、人が人をOKと考えるかNOと考えるかについての認識は、とみに乳児期での先生とも言える、親、特に母親ですが、母親からどんな教育(ここではふれ合い)を使用しますが、このふれ合いの受け方によってそれぞれの『かまえ』の原型が出来上がるといった件がありました。

 そこで事実、その手の専門家曰く、親からつねに『陽性のふれあい』を受けていた人は『OK』と感じ、不適切な『ふれ合い』で終始した人間は陰性のふれ合いばかりに接して来るようです。

 いくつかの精神分析者に少しずつ考え方の違いはありますが、基本は同じです、例えば、ハリスさんとはこの『人生態度』の主唱者ですが、このように話されています。

 『人間は誕生直後の乳児の場合は、私はOKでない、あなたはOKである、つまり、自己否定、他者肯定のかまえをとると言っていますが、方や、人間はそもそも私は0Kである、あなたはOKである、という自他とも肯定の態度から始まると説いています』

 また、それを噛み砕いて、心理学者のホーランドさんは『乳児が欲求を満たされない時が続くと、私はOKでない、あなたもOKでないというかまえを持つようになるだろうし、欲求が満たされる状態が続いて行けば、私はOKである、あなたもOKであるという人間になり、逆に欲求不満の状態が続けば私はOKでない、あなたもOKでないかまえに固定化する。
 しかし、自分自身でコントロールできる人間と、コントロールできない人間と二通りに別れる』

 とあります、至極当然の考え方ですが、相手この場合、あなたの上司や部下のことですが、まず、相手をよく見る、この人間はどのタイプが一番多いのか、つまり時と場合によって人間はこの4つのパターンを交互に使います。

 相手を見て、私はOKあなたはOK等ですね、最終章ではこの人間交流のパターンの深層にふれ、相手が自分のどの深層心理と相手のどの部分の深層心理がやり取りを行うかの話しまでもって行くつもりですが、それまではこの人生のかまえをしっかり記憶に挑めておいてください。

 しかしこんな考えもあります、自分は自分、他人は他人、人と係わらないで生きていこう、そのために自分を確立すればよい、といった考えもあるでしょうが、しかしビジネスや、こと会社内において、上司と部下、人と人が関わり合いや、ふれ合いがなくては決して成功しないし、根本的にいっても人は一人では絶対に生きられないものです。

 他の人と付き合うことから、人生を学び、そして成功していくものなのですね、人と人が共感することで、事が成就します、一人では出来ないことでも共感した大勢の人同士なら、嬉しくもあり何とかなるかもしれません。

 繰り返しですが、人間は人間との関係を無視しては幸福にはなれません、つまりビジネスや会社において、人間の価値は、他人との関係で決まります。

人生の『かまえ』を噛み口説く前に、人を変えようとしても絶対に人は変わりません、『私はOK』『あなたはOK』のように理想の人間の『型』を目指すことを心がけましょう。

では明日以降、それぞれの人間の『かまえ』の解説を行いたいと思います、待ってくださいね。

< 上司と部下の関係に取り組む姿勢の記事の続きはココから >
< 上司と部下の関係に取り組む姿勢の記事はココまで >
| カテゴリ : 職場人間関係 | 2008.01.23 Wednesday 17:21 | - | - |
<< 増加する職場いじめ | HOME | ビジネスにおける信頼できる上司の条件とは >>

この記事のトラックバックURL
注)このブログは『リンクなしトラックバックの拒否機能』を搭載しています。
この記事へのリンクのないトラックバックは スパム とみなし、今後トラックバックを拒否します。
リンク用URL ⇒ 
トラバ用URL ⇒ 

トラックバック一覧
【送料無料】Wordでできる!企画書・報告書・ビジネス文書のつくり方
RSSで更新状況をチェック
Go To Mobile-Site
qrcode
Author's Profile
現在表示記事
関連キーワード

ここに関連キーワードを記載

トライアルセット