ビジネスで使う文書の書き方、文例、例文、お詫びやお礼の文書例また手紙文書例を上げ、暮らしで使う文書の書き方、ビジネスや暮らしを円滑化する文章の常識、文章校正、手紙の常識と豊富な文書の無料テンプレートのサイトです、伝わる相手の心を揺さぶるビジネス文書を書いてみませんか。

ビジネス文書 文例 例文


【送料無料】パパッと出せるビジネス文書・文例Wordテンプレート500
SponsoredLink

新着記事

Favorite Link
記事検索

Categories
[ HOMEビジネススピーチ > ビジネススピーチの要点 ]

ビジネススピーチの要点

< ビジネススピーチの要点の記事はココから >
JUGEMテーマ:ビジネス


ビジネススピーチの要点

ビジネスにおけるスピーチの要点と対策

● 自分の立場を確認する
 会社、職場における自分の立場を認識することにより、話し方や話題に違いが出ます、つまりあなたが経営者、ならびに社長であれば社長らしいスピーチ。
また、中間管理職でのスピーチ、新入社員なりのスピーチとそれぞれの立場によって変わってきます。
そして、スピーチする会でのそれぞれの立場がありますね、例えば、主催者側そして招待される側、また、司会進行係り、説明員そして招かれた側では主賓か、普通の来賓によってもスピーチの内容は変わりますね、そのようにあらかじめの自分の立場をふまえたことを認識すれば、どんなスピーチが適当かは自ずと理解できるものです。


● 会、会合の主旨、規模を確認する
 スピーチを行う上で、社内の関係者だけなのか、また社外の人間も交えた会なのか、そしてどんな内容が中心になるのか、例えば、お祝いの行事なのか、感謝を伝えるのが主旨の会なのか、激励のための会なのか、しっかり主旨を押さえておきたいものです。
また、会の規模はどうなのか?会場を借りたような規模が大きい会、はたまた、上級幹部のみでの料亭などでの会なのか?、規模を考えたいところです。


● 自分の出番はどこか?
 会のスピーチの出番はどこになるかによって当然に話す内容が異なる、前半か後半か、冒頭の第一声かなどですね、式次第をしっかり確認する必要があります。


● 絶対に固有名詞をまちがってはいけない。
 至極当然ですが、ビジネス文書やビジネススピーチの基本は、簡素かつ要点がしっかりと解り、まとまっていることですし、スピーチにおいてはてきぱきと爽やかにはっきりとすることが上がられます。
しかし、いくら爽やかに、語尾がはっきりして解りやすい、スピーチをおこなっても、固有名詞や、役職名をまちがうようなことがあっては絶対にいけない、原稿をしっかり確認することが必用ですね。
< ビジネススピーチの要点の記事の続きはココから >
< ビジネススピーチの要点の記事はココまで >
| カテゴリ : ビジネススピーチ | 2008.01.12 Saturday 16:02 | - | - |
<< 仕事納め(社員へのあいさつ) | HOME | 上司と部下の自己評価 >>

この記事のトラックバックURL
注)このブログは『リンクなしトラックバックの拒否機能』を搭載しています。
この記事へのリンクのないトラックバックは スパム とみなし、今後トラックバックを拒否します。
リンク用URL ⇒ 
トラバ用URL ⇒ 

トラックバック一覧
【送料無料】Wordでできる!企画書・報告書・ビジネス文書のつくり方
RSSで更新状況をチェック
Go To Mobile-Site
qrcode
Author's Profile
現在表示記事
関連キーワード

ここに関連キーワードを記載

トライアルセット