ビジネスで使う文書の書き方、文例、例文、お詫びやお礼の文書例また手紙文書例を上げ、暮らしで使う文書の書き方、ビジネスや暮らしを円滑化する文章の常識、文章校正、手紙の常識と豊富な文書の無料テンプレートのサイトです、伝わる相手の心を揺さぶるビジネス文書を書いてみませんか。

ビジネス文書 文例 例文


【送料無料】パパッと出せるビジネス文書・文例Wordテンプレート500
SponsoredLink

新着記事

Favorite Link
記事検索

Categories
[ HOMEビジネス文書 お礼状・お祝い状 > 会社設立のお祝い状 ]

会社設立のお祝い状

< 会社設立のお祝い状の記事はココから >
JUGEMテーマ:ビジネス


■ 当然にお祝いは早いほど良い・・・相手先のお祝い事を聞き及んだ場合、何でもそうですが、出来るだけ早急にお祝い状を出すのが効果的です、事が遅れるとは一つのビジネスチャンスを逸してしまう可能性がありますね、また誤報もしばしばある場合もあり、必ず複数からの情報をもとに確認することも忘れないでください。

■ お祝いの挨拶状の場合は少し大げさでもOK! また基本姿勢は『同慶の至り』と言われています、つまり共に喜ぶ姿勢を見せることです、そして初めの少し大げさに祝う喜びを文面にすると、相手のモチベーションなり、テンションが上がりますね、しかし物事には限度がありますので、あまりに白々しい文面では、あなたの会社自体の真心が疑われます。

■ こと人は相手の慶事を疎む気持もありますが、例えば『我が社に比べ、御社の業務成績の高水準はいつ見ても垂涎の的です』とか言った場合、つまり相手を羨ましくも思い、方や嫉妬や、やっかみにも取れる時もあります。 この部分も十分気をつけた文面にしたいものです。

■ 今後の活躍に期待する文章を入れることも大切ですね。

ビジネス文書(ビジネスのお祝い状の書き方) 会社設立のお祝い状

新会社設立のお祝い

< 会社設立のお祝い状の記事の続きはココから >
< 会社設立のお祝い状の記事はココまで >
| カテゴリ : ビジネス文書 お礼状・お祝い状 | 2007.11.30 Friday 14:03 | - | - |
<< 支店長交代の挨拶状 | HOME | 送別会を開催してもらったお礼状 >>

この記事のトラックバックURL
注)このブログは『リンクなしトラックバックの拒否機能』を搭載しています。
この記事へのリンクのないトラックバックは スパム とみなし、今後トラックバックを拒否します。
リンク用URL ⇒ 
トラバ用URL ⇒ 

トラックバック一覧
【送料無料】Wordでできる!企画書・報告書・ビジネス文書のつくり方
RSSで更新状況をチェック
Go To Mobile-Site
qrcode
Author's Profile
現在表示記事
関連キーワード

ここに関連キーワードを記載

トライアルセット