ビジネスで使う文書の書き方、文例、例文、お詫びやお礼の文書例また手紙文書例を上げ、暮らしで使う文書の書き方、ビジネスや暮らしを円滑化する文章の常識、文章校正、手紙の常識と豊富な文書の無料テンプレートのサイトです、伝わる相手の心を揺さぶるビジネス文書を書いてみませんか。

ビジネス文書 文例 例文


【送料無料】パパッと出せるビジネス文書・文例Wordテンプレート500
SponsoredLink

新着記事

Favorite Link
記事検索

Categories
[ HOMEビジネス文書 稟議書(伺い書) > 稟議書(伺い書)書き方について ]

稟議書(伺い書)書き方について

< 稟議書(伺い書)書き方についての記事はココから >
稟議書(伺い書)書き方について

稟議書のように、同じ事項がくりかえし出てくるビジネス文書の場合、例えば、交通費の支払いのような場合『交通費支払申請書』としてしまうと、該当欄に必要な単語等を書き込んでいけばいいわけです。

 つまりこれを『帳票化』とよんでいますね、下記にこの帳票化にする利点をいくつか上げてみます。

1,帳票化することにより、時間的にも労力的にも単純化できる

 ビジネス文書に限らず、文書をつづるには文脈をしっかりくみたて、言葉と言葉の関係に意味をもたせる、また修飾語の使い方などを考えたりけっこうに大変ですが、しかし『帳票』にすることにより、単語、短文、記号を入れるだけで読み手は理解できる。


2,内容漏れを防止できる

 つまり『帳票』にすることにより、必要な項目が印刷されていますからその項目を埋めるだけで用が足り、読み手に伝わるわけですが、これを文書に置き換えるとおうおうにして必要かつ重要案件を見落とす場合も出てきます。


3,一目で読み手に理解をさせやすい

 だらだらとは言わないが文章での内容はしっかり理解するまでに時間がかかり、読む方も読ませる方も骨が折れるが、項目事に綺麗に並んでいれば、時間的にも精神的にも楽になりますね。

< 稟議書(伺い書)書き方についての記事の続きはココから >
< 稟議書(伺い書)書き方についての記事はココまで >
| カテゴリ : ビジネス文書 稟議書(伺い書) | 2007.10.17 Wednesday 11:26 | - | - |
<< 稟議書(物品購入依頼書) | HOME | 稟議書の書き方(修理依頼書の書き方) >>

この記事のトラックバックURL
注)このブログは『リンクなしトラックバックの拒否機能』を搭載しています。
この記事へのリンクのないトラックバックは スパム とみなし、今後トラックバックを拒否します。
リンク用URL ⇒ 
トラバ用URL ⇒ 

トラックバック一覧
【送料無料】Wordでできる!企画書・報告書・ビジネス文書のつくり方
RSSで更新状況をチェック
Go To Mobile-Site
qrcode
Author's Profile
現在表示記事
関連キーワード

ここに関連キーワードを記載

トライアルセット