ビジネスで使う文書の書き方、文例、例文、お詫びやお礼の文書例また手紙文書例を上げ、暮らしで使う文書の書き方、ビジネスや暮らしを円滑化する文章の常識、文章校正、手紙の常識と豊富な文書の無料テンプレートのサイトです、伝わる相手の心を揺さぶるビジネス文書を書いてみませんか。

ビジネス文書 文例 例文


【送料無料】パパッと出せるビジネス文書・文例Wordテンプレート500
SponsoredLink

新着記事

Favorite Link
記事検索

Categories
[ HOMEビジネス文書 稟議書(伺い書) > 稟議書(伺い書)書き方 ]

稟議書(伺い書)書き方

< 稟議書(伺い書)書き方の記事はココから >
稟議書(伺い書)書き方の要点

この稟議書つまり伺い書というものは、東洋的というかかなり日本的な響きがある、例えば重要案件について、関係部署の合議を上層部に決定を委ねる制度といっていいでしょう。

 しかしこの稟議書の欠点としては、一つに形式的になりすぎ、時間もかかる、合議であるから責任の所在が曖昧である、とか経営者やリーダーの統率力が弱まるといった問題も指摘される。

 確かに上記のように欠点も指摘されるが、関係部署での横のつながりが円滑になったりする場合も多く、ある意味たいへん有効なシステムとも理解されている。

 伺い書(稟議書)の書式フォーマットは通常会社で作られていますから、その書式に応じて作成することになります。

稟議書(伺い書)の場合は大きく、従業員を含めた【人】に関する稟議書、土地や設備に関する【物】に対する稟議書、そして【金銭的】に関する稟議書、全般的な【事柄】に関する稟議書(伺い書)に分けられると考えます。

< 稟議書(伺い書)書き方の記事の続きはココから >
< 稟議書(伺い書)書き方の記事はココまで >
| カテゴリ : ビジネス文書 稟議書(伺い書) | 2007.10.15 Monday 11:14 | - | - |
<< 交通 事故 報告書 書き方(レポートの書き方) | HOME | 稟議書の書き方(人事) >>

この記事のトラックバックURL
注)このブログは『リンクなしトラックバックの拒否機能』を搭載しています。
この記事へのリンクのないトラックバックは スパム とみなし、今後トラックバックを拒否します。
リンク用URL ⇒ 
トラバ用URL ⇒ 

トラックバック一覧
【送料無料】Wordでできる!企画書・報告書・ビジネス文書のつくり方
RSSで更新状況をチェック
Go To Mobile-Site
qrcode
Author's Profile
現在表示記事
関連キーワード

ここに関連キーワードを記載

トライアルセット