ビジネスで使う文書の書き方、文例、例文、お詫びやお礼の文書例また手紙文書例を上げ、暮らしで使う文書の書き方、ビジネスや暮らしを円滑化する文章の常識、文章校正、手紙の常識と豊富な文書の無料テンプレートのサイトです、伝わる相手の心を揺さぶるビジネス文書を書いてみませんか。

ビジネス文書 文例 例文


【送料無料】パパッと出せるビジネス文書・文例Wordテンプレート500
SponsoredLink

新着記事

Favorite Link
記事検索

Categories
[ HOMEビジネス文書 文例・例文・書き方 > ビジネス文章は心を込める ]

ビジネス文章は心を込める

< ビジネス文章は心を込めるの記事はココから >
ビジネス文章は心を込める

 この事務的であれといわれるビジネス文章です、つまり感情を抑え、飾ることを嫌いシンプルで客観的でなければならないと言われていますが、しかし言葉や文面とはあなたの心をどうも映し出しているようです。


 どうしても、感情を隠匿したつもりでも何故か文面の片隅に現れてしまう、イライラやいやいやでの文章は何故かしら白々しい、しかし楽しい嬉しい、やった遂に注文をもらえた場合の礼状や注文書の場合やはりついつい嬉しさの片鱗が見える。

 
 言葉や文章というものはビジネスもそうですが、一般のあいさつ文においても「真心」を失ってはいけないのです。


 義理で致し方なく書いた礼状やお礼の文章からは、やはり感謝の気持ちは伝わらないのです、つまり情熱や真心に裏付けされた文書(文章)でなければ人は心から動きませんね。


 手紙や、文書の一番の効果は、その文面によって人を動かすということですし、その人が誠心誠意でことにあたらねば何事もうまくいかないわけです。


 社内文書に限らず、社外文書も人と人の交流を求めてうまく潤滑するのです、文書や手紙の目的は書き手と、読み手の時間と距離を超えた大いなる対話なのですね。
< ビジネス文章は心を込めるの記事の続きはココから >
< ビジネス文章は心を込めるの記事はココまで >
| カテゴリ : ビジネス文書 文例・例文・書き方 | 2007.09.17 Monday 16:21 | - | - |
<< ビジネス文章の書き方と心構え | HOME | ビジネス文章の書き方の要点 >>

この記事のトラックバックURL
注)このブログは『リンクなしトラックバックの拒否機能』を搭載しています。
この記事へのリンクのないトラックバックは スパム とみなし、今後トラックバックを拒否します。
リンク用URL ⇒ 
トラバ用URL ⇒ 

トラックバック一覧
【送料無料】Wordでできる!企画書・報告書・ビジネス文書のつくり方
RSSで更新状況をチェック
Go To Mobile-Site
qrcode
Author's Profile
現在表示記事
関連キーワード

ここに関連キーワードを記載

トライアルセット