ビジネスで使う文書の書き方、文例、例文、お詫びやお礼の文書例また手紙文書例を上げ、暮らしで使う文書の書き方、ビジネスや暮らしを円滑化する文章の常識、文章校正、手紙の常識と豊富な文書の無料テンプレートのサイトです、伝わる相手の心を揺さぶるビジネス文書を書いてみませんか。

ビジネス文書 文例 例文


【送料無料】パパッと出せるビジネス文書・文例Wordテンプレート500
SponsoredLink

新着記事

Favorite Link
記事検索

Categories
[ HOMEビジネス文書 報告書(レポートの書き方) > 社内報告書の書き方(レポートの書き方) ]

社内報告書の書き方(レポートの書き方)

< 社内報告書の書き方(レポートの書き方)の記事はココから >
社内報告書レポートの書き方の要点

○ 社内においては通常一定の書式がありますが、基本はそれに準じるそれによって書き上げれば、文書構成が楽になり、当然に相手の理解力が高まります、自分勝手な書式、文書では的確な意思の疎通が妨げられる。

○ 結果や結論を冒頭で表すことが肝心、レポートや報告書とは提出する相手にとって一番知りたいことが始めになければなりません、文書の最後で「ゆえに、○○でした」といった文面では落第でしょう、結論を冒頭に、そして途中経過等はその後に根拠の説明に移っていきます、最後が自分の私見を添えるというのが一般的です。

○ 結論にいたる経緯(根拠)を明確に示す、あたりまえですが、「○○は大丈夫です」だけで納得する人はいない「○○○との実績も確認しました」「銀行とのつき合いも良好のようです」「あの社長の人柄は地元ではかなりの好印象をもたれています」ですからといった事実を述べなければ、説得力がありません。

○ 長文になる場合は箇条書きや、要約文を設け解りやすい文面に気をつける。

○ 時と場合ではビジュアルにグラフ等を用い読み手、聞き手にわかりやすさを強調する。

○ 当たり前に正確な情報を添付する、つまり正確な情報とは複数からの情報をかき集め、一点での情報源で全てを判断していけないということです、お分かりのここと思います。


さてそこで、ビジネスマンの方々がどんな報告書で悩んでいるかをネットを検索して見たところ、下記通りになった以後逐一詳しく解説できればと考えています。

○ ネットによる、報告書でのランキング

報告書 書き方
12900
会計 報告書 書き方
1400
事故 報告書 書き方
1100
研修 報告書 書き方
1100
収支 報告書 書き方
900
出張 報告書 書き方
800
決算 報告書 書き方
700
業務 報告書 書き方
500
報告書 書き方 例
400
営業 報告書 書き方
300
給与 支払 報告書 書き方
300
報告書 書き方 サンプル
200
事業 報告書 書き方
200
調査 報告書 書き方
200
クレーム 報告書 書き方
100
ビジネス 報告書 書き方
100
交通 事故 報告書 書き方
100
レポート 報告書 書き方
100
作業 報告書 書き方
100
収支 決算 報告書 書き方
100

等々・・・・
< 社内報告書の書き方(レポートの書き方)の記事の続きはココから >
< 社内報告書の書き方(レポートの書き方)の記事はココまで >
| カテゴリ : ビジネス文書 報告書(レポートの書き方) | 2007.10.07 Sunday 15:09 | - | - |
<< 始末書(売掛金回収不能) | HOME | 事故 報告書 書き方 >>

この記事のトラックバックURL
注)このブログは『リンクなしトラックバックの拒否機能』を搭載しています。
この記事へのリンクのないトラックバックは スパム とみなし、今後トラックバックを拒否します。
リンク用URL ⇒ 
トラバ用URL ⇒ 

トラックバック一覧
【送料無料】Wordでできる!企画書・報告書・ビジネス文書のつくり方
RSSで更新状況をチェック
Go To Mobile-Site
qrcode
Author's Profile
現在表示記事
関連キーワード

ここに関連キーワードを記載

トライアルセット