ビジネスで使う文書の書き方、文例、例文、お詫びやお礼の文書例また手紙文書例を上げ、暮らしで使う文書の書き方、ビジネスや暮らしを円滑化する文章の常識、文章校正、手紙の常識と豊富な文書の無料テンプレートのサイトです、伝わる相手の心を揺さぶるビジネス文書を書いてみませんか。

ビジネス文書 文例 例文


【送料無料】パパッと出せるビジネス文書・文例Wordテンプレート500
SponsoredLink

新着記事

Favorite Link
記事検索

Categories
[ HOMEビジネスと法律 > 小切手とは ]

小切手とは

< 小切手とはの記事はココから >

 小切手とは?

 ビジネスの社会にあって必用不可欠な法律はいくつかあることはご存知のことと考えます、今さらながら小切手について一考申し上げたいと考えます。

 すでに小切手をご理解いただいているビジネス分野の先輩諸氏には、退屈な文書と写るかもしれませんが、今年社会に飛び出し、ビジネスの最終目的である集金という行為で頂戴する貨幣制度を前庭とした法律的文書、つまり現金と同一化された法律文書のことですね。

 そこで、まず、この小切手とは、振出人が一定の金額の支払いを委託する有価証券であり、当然に現金と同一化できるという、法律上の規定がある書面と言えるでしょう。

 事実、小切手という言葉は解っていても、学生時代では殆ど目にしたことのないであろう、この小切手に対する決まり事を少し申し述べて見たい、小切手を作成するポイントとしては、

 ‐攘瑤諒現饕罎法△修両攘作成に用いる語を記載する。

◆^貭蠅龍盂曚鮖拱ГΔ戮委託であることの記載を要する。

 支払人の名称を明示する。

ぁ〇拱Г鮃圓γ呂良充┐鷲須。

ァ/興估は正確に記入、振り出し地も明記。

Α.侫襯諭璽爐砲匿興仗佑鯡正。


 とまあ、難しい綴りかもしれませんが、要は振り出し金額、振出人の名称、そして振出人の住所取扱金融機関がしっかり明示されているかどうかを確認すれば基本的には問題はないでしょう、この小切手とは繰り返しですが、現金の代替物としての法律文書である、多額の現金の出し入れにはリスクを伴うこと考えれば、安全でかつ便利なシステムと言える。


小切手の種類ならびに内容


 小切手と一言でいっても、実は幾つかの種類があることも覚えておいて欲しい、まずは記名式小切手、これは受取人を特定し、裏書き譲渡ができない小切手のことを指しまします、また指図禁止文句があるものを譲渡不可能、指名債権譲渡方式によってのみ譲渡が可能になります。

 また、指図式小切手がありますが、これは特定の受取人及び指図文句が記載されおり、裏書き譲渡が可能、そして自己指図による振り出しも可能です、また、記名式による指図禁止やそれに類する文句を記載したものを指図禁止小切手といいますね。

 そして一番ポピュラーなのが、持参人支払い式小切手ですね、普通に銀行との金融機関において換金可能な小切手ですが、記名持参人支払い方式と無記名支払い方式の二つの方式が存在します。

 その他の小切手

 ‖荵絢塋支払小切手があります、これは支払いが、支払人ではなく、第三者方つまり銀行でなされる旨を記載した小切手のことを指します

◆’鮹肋切手とは要件の欠陥が確定的でなく、後日その補充が予定されている小切手をいいます。

 個人小切手は取引銀行と当座預金で取引勘定約款を結んでいる方が扱う小切手ですね。

 
小切手の取扱注意


 小切手の振り出し

 重複を恐れずに書き込めば、振り出しとは、法定の事項を記載した小切手を作成、署名し第三者に交付することをいい、当然に法律の規定に準じた様式を備える必用があり、勝手に作成し、誰にでも交付し支払うことは許されない。

 小切手帳

 取引銀行と振出人との間に当座預金契約ならび、交互契約計算契約の締結を行い、成立後、支払銀行は小切手資金権利者に小切手帳を交付することとなります。

 この小切手資金とは、振出人が自由に処分できる資金つまり預金のことを指し、内容的には当座預金、当座貸越契約、交互計算契約、為替取引約定に基づく資金。当たり前ですが、支払額が預金額を上回るようなことがあってはならないし、常に支払い呈示がある以前に充足しておかなければいけない、支払い不能では会社の信用を無くし、過料の制裁を覚悟しなければいけない。


振り出し小切手の見本

小切手帳
 

< 小切手とはの記事の続きはココから >
< 小切手とはの記事はココまで >
| カテゴリ : ビジネスと法律 | 2009.04.26 Sunday 15:33 | - | - |
<< 時間管理学? | HOME | 研修会講師派遣の依頼文 >>

この記事のトラックバックURL
注)このブログは『リンクなしトラックバックの拒否機能』を搭載しています。
この記事へのリンクのないトラックバックは スパム とみなし、今後トラックバックを拒否します。
リンク用URL ⇒ 
トラバ用URL ⇒ 

トラックバック一覧
【送料無料】Wordでできる!企画書・報告書・ビジネス文書のつくり方
RSSで更新状況をチェック
Go To Mobile-Site
qrcode
Author's Profile
現在表示記事
関連キーワード

ここに関連キーワードを記載

トライアルセット