ビジネスで使う文書の書き方、文例、例文、お詫びやお礼の文書例また手紙文書例を上げ、暮らしで使う文書の書き方、ビジネスや暮らしを円滑化する文章の常識、文章校正、手紙の常識と豊富な文書の無料テンプレートのサイトです、伝わる相手の心を揺さぶるビジネス文書を書いてみませんか。

ビジネス文書 文例 例文


【送料無料】パパッと出せるビジネス文書・文例Wordテンプレート500
SponsoredLink

新着記事

Favorite Link
記事検索

Categories
[ HOMEビジネスと法律 > ビジネスで使う法律文書の書き方 ]

ビジネスで使う法律文書の書き方

< ビジネスで使う法律文書の書き方の記事はココから >
 ビジネスで使う法律文書の書き方


 法律文書といえば、とても難しいという観念もあり、ついつい遠慮がちになってしまうものですが、企業内でのビジネスを見渡せば、全てに渡る文書が法律文書といっても過言ではない、そもそも企業は法律文書で成り立ち、運営しているのである。


 簡単にいえば、株式会社の設立には、定欺や株式名簿などの作成と保管が義務づけられている訳で、ビジネスにとって法律を無視することは許されない。


 相手方との取引が成立すれば、当事者間に権利と義務が生じますが、これを別に表現すれば、債権と債務とも言えるでしょう、この権利義務の発生そして変更、さらに消滅に関わる文書が法律文書そのものなのですね。


 もちろん、現場、現場において多義に渡り、条件は異なる場合もあるが、共通点は一つであり、それは意思表示をするための文書ということになります。


 単純な例を上げれば、ある商品の代金の請求をしないまま、放置し時効が成立すれば、その代金を回収することができなくなるし、請求すら不可能になってしまいます、ですから意思表示とは、この場合、相手先への請求書発行ならびに請求という行為が意思表示ということなのです。


 通常のビジネスにおいては、一回の取引における債務の覆行はそれぞれにおいて一定期間を要しますが、この間をスムーズし、無事完了するためには、その間に起こりえる可能性のあるトラブル等を最小限に押さえることを目的にするためにも、しっかりとした意思表示を示す、法律文書が必用とあります。


 この意思表示の法律文書とは、しっかりとした証拠書類となり、言うまでもなく、それぞれの局面に応じて、法律的効果が期待できる、従って、作成にあたっては十分な法律的知識が求められるのは当然ですね。


 では、明日以降ビジネス分野での法律文書とはどんな物があるのかを検証いたします・・・・ではまた・・・

< ビジネスで使う法律文書の書き方の記事の続きはココから >
< ビジネスで使う法律文書の書き方の記事はココまで >
| カテゴリ : ビジネスと法律 | 2009.03.02 Monday 18:16 | - | - |
<< 絶対的商行為と相対的商行為 | HOME | 歓迎会の開催案内文(新入社員歓迎会) >>

この記事のトラックバックURL
注)このブログは『リンクなしトラックバックの拒否機能』を搭載しています。
この記事へのリンクのないトラックバックは スパム とみなし、今後トラックバックを拒否します。
リンク用URL ⇒ 
トラバ用URL ⇒ 

トラックバック一覧
【送料無料】Wordでできる!企画書・報告書・ビジネス文書のつくり方
RSSで更新状況をチェック
Go To Mobile-Site
qrcode
Author's Profile
現在表示記事
関連キーワード

ここに関連キーワードを記載

トライアルセット