ビジネスで使う文書の書き方、文例、例文、お詫びやお礼の文書例また手紙文書例を上げ、暮らしで使う文書の書き方、ビジネスや暮らしを円滑化する文章の常識、文章校正、手紙の常識と豊富な文書の無料テンプレートのサイトです、伝わる相手の心を揺さぶるビジネス文書を書いてみませんか。

ビジネス文書 文例 例文


【送料無料】パパッと出せるビジネス文書・文例Wordテンプレート500
SponsoredLink

新着記事

Favorite Link
記事検索

Categories
[ HOMEビジネスと法律 > 法律とビジネス契約 ]

法律とビジネス契約

< 法律とビジネス契約の記事はココから >

 法律とビジネス契約


 法律と契約がどのように関連づけられているかを、前後繰り返しになるかもしれませんが、簡単に補足説明したいと考えます、まず商いの初めである、契約についてみれば、これは民法では、幾つかに別れていますが、まずは贈与、売買、交換、消費貸借、使用貸借、賃貸借、雇傭、負債、委任、寄託、組合、終身定期金、和解となります。


 上記での規定は、つまり任意規定でもあり、当事者が余所の内容で任意に取り決めを結ぶことも可能ですが、特に取り決めを設けない場合は、任意規定が適用できる。


 また、それに対して強行規定という、ビジネスをふまえた当事者が法律の規定同士で契約しなければいけないものもある、これは借地法・借款法など多い、このように契約を交わす場合は、任意規定か強行規定かをよく確かめる必用があります。


 ビジネス等での契約書は作成しなくても困らない場合もありますが、基本的なスタンスは、もし何かのトラブルに巻き込まれないため、巻き込まれても主張できる裏付けのためには、努めて契約書を作成し、ビジネスを行うことが重要です。


 この契約書の内容については、それぞれこと細かく規定することも可能ですし、それこそ、売った買ったといった単純な文面でも良いのですが、最低任意医定にない内容は明記しなければならないでしょう。


 特に、上記の典型契約に当てはまらない契約つまり、非典型契約を結ぶためにはことさら慎重な契約書を作成することが重要です。

< 法律とビジネス契約の記事の続きはココから >
< 法律とビジネス契約の記事はココまで >
| カテゴリ : ビジネスと法律 | 2009.02.23 Monday 14:14 | - | - |
<< ビジネスに纏わる法律 | HOME | 絶対的商行為と相対的商行為 >>

この記事のトラックバックURL
注)このブログは『リンクなしトラックバックの拒否機能』を搭載しています。
この記事へのリンクのないトラックバックは スパム とみなし、今後トラックバックを拒否します。
リンク用URL ⇒ 
トラバ用URL ⇒ 

トラックバック一覧
【送料無料】Wordでできる!企画書・報告書・ビジネス文書のつくり方
RSSで更新状況をチェック
Go To Mobile-Site
qrcode
Author's Profile
現在表示記事
関連キーワード

ここに関連キーワードを記載

トライアルセット