ビジネスで使う文書の書き方、文例、例文、お詫びやお礼の文書例また手紙文書例を上げ、暮らしで使う文書の書き方、ビジネスや暮らしを円滑化する文章の常識、文章校正、手紙の常識と豊富な文書の無料テンプレートのサイトです、伝わる相手の心を揺さぶるビジネス文書を書いてみませんか。

ビジネス文書 文例 例文


【送料無料】パパッと出せるビジネス文書・文例Wordテンプレート500
SponsoredLink

新着記事

Favorite Link
記事検索

Categories
[ HOMEビジネス文書 依頼 > 支払猶予・延滞の依頼文 ]

支払猶予・延滞の依頼文

< 支払猶予・延滞の依頼文の記事はココから >
JUGEMテーマ:ビジネス


     支払猶予・延滞の依頼文の書き方


 企業にあって、支払い猶予ならびに延滞をお願いせざろう得ない場合もありうることです、不可抗力とまではいかなくても経理関係のホストコンピュターのトラブルとか、または取引先のトラブルによる入金遅れ・・・等々があるでしょう。

 しかし、それはそれ支払側には何の問題がない場合、信用不安を起こさないことが一番ですし、もし資金繰りの場合は単に一時的に過ぎないことを強調することが大事です。

 また、いつ支払えるか、支払できる根拠はどこにあるかを明確かつ具体的に文書化することも重要です。


     支払延滞(猶予)の依頼文の文例

支払延滞・猶予の依頼文 文例 書き方


拝啓 貴社いよいよご盛業のこことお喜び申し上げます。毎度格別なご愛顧を賜り、深謝申し上げるしだいです。

 さて、今月5月支払の請求書を本日頂戴しましたが、つきましては汗顔の極みで恐縮いたしますが、折り入ってご相談したいと考えます。

 今回のご請求額365万円のお支払いを6月末日までご猶予いただきたいと存じますがいかがなものでしょうか。

 延滞理由は、弊社の大口取引先(○○工務店)がご存じのように先月倒産した旨はご存じかと思いますが、それが発端で一時的に弊社の資金繰りに支障をきたしました。

 しかしながら、6月20日には他の取引先より確実に950万円ほどの入金予定があり御社とも取引があると存じますが○○建設でございます。

 それにより、御社への6月の支払に必ずや充当可能ですので、貴社に更なるご迷惑をおかけすることは決してございません。

 かかる勝手をお許し願いたいと存じ上げます、事情ご賢察のうえご猶予くださいますよう謹んでお願い申し上げます。
                                      敬具
< 支払猶予・延滞の依頼文の記事の続きはココから >
< 支払猶予・延滞の依頼文の記事はココまで >
| カテゴリ : ビジネス文書 依頼 | 2008.04.01 Tuesday 11:08 | - | - |
<< 再見積の依頼文 | HOME | 工場新設の挨拶状 >>

この記事のトラックバックURL
注)このブログは『リンクなしトラックバックの拒否機能』を搭載しています。
この記事へのリンクのないトラックバックは スパム とみなし、今後トラックバックを拒否します。
リンク用URL ⇒ 
トラバ用URL ⇒ 

トラックバック一覧
【送料無料】Wordでできる!企画書・報告書・ビジネス文書のつくり方
RSSで更新状況をチェック
Go To Mobile-Site
qrcode
Author's Profile
現在表示記事
関連キーワード

ここに関連キーワードを記載

トライアルセット