ビジネスで使う文書の書き方、文例、例文、お詫びやお礼の文書例また手紙文書例を上げ、暮らしで使う文書の書き方、ビジネスや暮らしを円滑化する文章の常識、文章校正、手紙の常識と豊富な文書の無料テンプレートのサイトです、伝わる相手の心を揺さぶるビジネス文書を書いてみませんか。

ビジネス文書 文例 例文


【送料無料】パパッと出せるビジネス文書・文例Wordテンプレート500
SponsoredLink

新着記事

Favorite Link
記事検索

Categories
[ HOMEビジネススピーチ > 上司への報告(業務報告) ]

上司への報告(業務報告)

< 上司への報告(業務報告)の記事はココから >
JUGEMテーマ:ビジネス


     上司への報告(業務報告)

 ビジネスの上で、業務報告の方法に二つありますが、社内においては、報告書(レポート)形式と、スピーチ(口頭)の二つがありますが、ビジネスのフォーマルな部分はレポートで構わないでしょうが、より一層噛み砕いた事実や現象を言い表すためには、やはり、口頭による業務報告も必用でしょう。

 当然に、ビジネス文書の基本である、5W1H、つまり、いつ、どこで、だれが、何を、何のために行うのかを、簡潔に順序よく説明する必用があります。

 この口頭での報告も、自分の一番伝えたい事柄をしっかり確認し、上司にインパクトのあるスピーチを心がける必用もあります。

     上司への報告(業務報告)スピーチ例

『佐藤課長 おはようございます。

 今回の○○商事の件ですが、昨日8時半ごろまでに担当の○○主任と打ち合わせをして、おおよその内容は把握できました。

 まず、○○商事としては、我が社に対し、思ったより協力的な姿勢が見られ、同様につきあっている○○物産との取引は減少したいとのことです。

 理由は、返品が要請がおおいとか、何か感情がらみと思われますが、○○商事のトップの判断のようです、とはいえ全部が全部こちらに注文をシフトするには今までの付き合いもあってすぐには無理なようですが、徐々にこちらとの取引を強化したい旨を拝聴しました。

 特に、来月におきましては、先日送らさせていただいた見積の中にあった、○○器械のを注文したいとの確約に近い言葉もいただきました。

 詳しくは後日改めて再見積となりますが、この受注だけでもかなりの金額が期待できます。早速報告書として具体的な数字等をまとめますが、まずはご報告させていただきました。』
< 上司への報告(業務報告)の記事の続きはココから >
< 上司への報告(業務報告)の記事はココまで >
| カテゴリ : ビジネススピーチ | 2008.03.11 Tuesday 13:09 | - | - |
<< 値下げの依頼文 | HOME | 誓約書 >>

この記事のトラックバックURL
注)このブログは『リンクなしトラックバックの拒否機能』を搭載しています。
この記事へのリンクのないトラックバックは スパム とみなし、今後トラックバックを拒否します。
リンク用URL ⇒ 
トラバ用URL ⇒ 

トラックバック一覧
【送料無料】Wordでできる!企画書・報告書・ビジネス文書のつくり方
RSSで更新状況をチェック
Go To Mobile-Site
qrcode
Author's Profile
現在表示記事
関連キーワード

ここに関連キーワードを記載

トライアルセット