ビジネスで使う文書の書き方、文例、例文、お詫びやお礼の文書例また手紙文書例を上げ、暮らしで使う文書の書き方、ビジネスや暮らしを円滑化する文章の常識、文章校正、手紙の常識と豊富な文書の無料テンプレートのサイトです、伝わる相手の心を揺さぶるビジネス文書を書いてみませんか。

ビジネス文書 文例 例文


【送料無料】パパッと出せるビジネス文書・文例Wordテンプレート500
SponsoredLink

新着記事

Favorite Link
記事検索

Categories
[ HOMEビジネス文書 文例・例文・書き方 > ビジネス文書(本文の書き方) ]

ビジネス文書(本文の書き方)

< ビジネス文書(本文の書き方)の記事はココから >
ビジネス文書(本文の書き方)

ビジネス文書の本文の書き方の構成要素は普通の手紙挨拶文とそうは違いはないですが、ビジネスにおける基本は認識してください。

 ‖腓くは頭語と結語
 つまり頭語とは「拝啓」などですね、そして結語とは「敬具」といった語になります、下記に頭語と結語の関係を表に表しますが、頭語と結語には呼吸のような菅家で成り立っていますので、矛盾した使い方で失笑を招かないようにしたいものです。

◆〜以
 前文とは主文の前に挿入する挨拶にあたる部分と考えてください、一般的に時候の挨拶、慶賀の挨拶、世話・厚情のあいさつがあります。

つまり、「驟雨の候」などは時候のあいさつですし、「皆様ますますの御清栄のここと存じます」は慶賀のあいさつですね、そして「日頃のご厚情に対し、心より感謝申し上げます」は、世話・厚情のお礼のあいさつになりますね。

頭語と結語の関係
< ビジネス文書(本文の書き方)の記事の続きはココから >
< ビジネス文書(本文の書き方)の記事はココまで >
| カテゴリ : ビジネス文書 文例・例文・書き方 | 2007.09.25 Tuesday 11:22 | - | - |
<< ビジネス文書の前付け | HOME | ビジネス文書(慶賀のあいさつ) >>

この記事のトラックバックURL
注)このブログは『リンクなしトラックバックの拒否機能』を搭載しています。
この記事へのリンクのないトラックバックは スパム とみなし、今後トラックバックを拒否します。
リンク用URL ⇒ 
トラバ用URL ⇒ 

トラックバック一覧
【送料無料】Wordでできる!企画書・報告書・ビジネス文書のつくり方
RSSで更新状況をチェック
Go To Mobile-Site
qrcode
Author's Profile
現在表示記事
関連キーワード

ここに関連キーワードを記載

トライアルセット