ビジネスで使う文書の書き方、文例、例文、お詫びやお礼の文書例また手紙文書例を上げ、暮らしで使う文書の書き方、ビジネスや暮らしを円滑化する文章の常識、文章校正、手紙の常識と豊富な文書の無料テンプレートのサイトです、伝わる相手の心を揺さぶるビジネス文書を書いてみませんか。

ビジネス文書 文例 例文


【送料無料】パパッと出せるビジネス文書・文例Wordテンプレート500
SponsoredLink

新着記事

Favorite Link
記事検索

Categories
[ HOMEビジネス文書 依頼 > 取引依頼文の書き方 ]

取引依頼文の書き方

< 取引依頼文の書き方の記事はココから >
JUGEMテーマ:ビジネス


 ビジネスの場面に限らず、会社同士、個人同士で、外部の機関や個人に対して頼み事として、『依頼』の文書を書きますが、例えば、一口で、依頼の文書といっても、ビジネスの世界では、新規取引の依頼、はたまた借金に関する依頼、また、原稿執筆ならびに、就職斡旋の依頼の手紙など様々です。

 等を鑑みれば、この『依頼』をするという行動そのものは案外に多いものですね、そして、この依頼は金銭的問題は別としても、相手の人にお骨折りいただくことですから、礼儀を付くし、相手の好意や同情を得るような文書に仕上げることが大切です。

 依頼文を書く場合のポイント

■ 依頼の目的、種類そして範囲をきっちりと書く、例えば遠慮が先に立ちすぎて、結局のところ何が目的か解らないような、依頼文ではいけないですから、曖昧な表現ではなく、依頼や目的をしっかり伝えた文章に仕上げましょう。

■ 依頼の場合、決して先方の『ご足労』ばかりではなく、物品などを借用する場合もあります、この場合は、借用したい理由、期限を明確にし、次に相手の都合を訊ねる文書を続け、最後に「できればよろしくお願い申します」といった言葉で締めくくってください。

■ 依頼の中では信用調査ならびに、身元調査を依頼する依頼文もあります、この場合は当然に秘密厳守は当たり前ですね、しっかり約束したいものです。

依頼の文書 文例(取引依頼の依頼文 文例)

取引依頼の文書

< 取引依頼文の書き方の記事の続きはココから >
< 取引依頼文の書き方の記事はココまで >
| カテゴリ : ビジネス文書 依頼 | 2008.02.21 Thursday 16:30 | - | - |
<< ビジネス文書 残高確認 | HOME | 見積の依頼書 >>

この記事のトラックバックURL
注)このブログは『リンクなしトラックバックの拒否機能』を搭載しています。
この記事へのリンクのないトラックバックは スパム とみなし、今後トラックバックを拒否します。
リンク用URL ⇒ 
トラバ用URL ⇒ 

トラックバック一覧
【送料無料】Wordでできる!企画書・報告書・ビジネス文書のつくり方
RSSで更新状況をチェック
Go To Mobile-Site
qrcode
Author's Profile
現在表示記事
関連キーワード

ここに関連キーワードを記載

トライアルセット