ビジネスで使う文書の書き方、文例、例文、お詫びやお礼の文書例また手紙文書例を上げ、暮らしで使う文書の書き方、ビジネスや暮らしを円滑化する文章の常識、文章校正、手紙の常識と豊富な文書の無料テンプレートのサイトです、伝わる相手の心を揺さぶるビジネス文書を書いてみませんか。

ビジネス文書 文例 例文


【送料無料】パパッと出せるビジネス文書・文例Wordテンプレート500
SponsoredLink

新着記事

Favorite Link
記事検索

Categories
[ HOME社葬 > 社葬挨拶状 ]

社葬挨拶状

< 社葬挨拶状の記事はココから >
JUGEMテーマ:ビジネス


 社葬を知らせる挨拶状は、会社や団体の幹部が亡くなったり、会社や団体に重要な職にあった方や行事の為に、殉職した会員、ならびに社員などにあった場合、社葬、団体葬によって手厚く葬儀が行われます。

■ 社葬の場合、葬儀委員長が万事を司ることになり、社葬の場合、葬儀委員長や委員を選び、全体を統括します。

■ 社葬の場合においては、委員長は社長、副委員長は副社長というふうに次席に従い、もし社長が亡くなった場合は、副社長や専務が委員長になるのが普通です。

■ 葬儀の規模が大きい場合、進行・文書・会計・営繕・受付・会場・接待・配車・記録などの係りを取り決め、手落ちのないように務めたいものです。

■ 社葬の通知があった場合は必ず参列し、故人との関係が深かった人は当然として、仕事上での取引・営業上の取引があった場合出向くことになりますが、その会社との関係の深さに応じて、それ相応の立場の人間が列席しなければならない場合もあります。
 また、会社の代表者だけではなく、関係社員も同行したほうが良い場合もありますね。

社葬の通知文の書き方 文例

社葬の案内状
< 社葬挨拶状の記事の続きはココから >
< 社葬挨拶状の記事はココまで >
| カテゴリ : 社葬 | 2008.02.17 Sunday 15:34 | - | - |
<< 値上げの挨拶文(通知状) | HOME | 転勤 挨拶状 >>

この記事のトラックバックURL
注)このブログは『リンクなしトラックバックの拒否機能』を搭載しています。
この記事へのリンクのないトラックバックは スパム とみなし、今後トラックバックを拒否します。
リンク用URL ⇒ 
トラバ用URL ⇒ 

トラックバック一覧
【送料無料】Wordでできる!企画書・報告書・ビジネス文書のつくり方
RSSで更新状況をチェック
Go To Mobile-Site
qrcode
Author's Profile
現在表示記事
関連キーワード

ここに関連キーワードを記載

トライアルセット