ビジネスで使う文書の書き方、文例、例文、お詫びやお礼の文書例また手紙文書例を上げ、暮らしで使う文書の書き方、ビジネスや暮らしを円滑化する文章の常識、文章校正、手紙の常識と豊富な文書の無料テンプレートのサイトです、伝わる相手の心を揺さぶるビジネス文書を書いてみませんか。

ビジネス文書 文例 例文


【送料無料】パパッと出せるビジネス文書・文例Wordテンプレート500
SponsoredLink

新着記事

Favorite Link
記事検索

Categories
[ HOMEビジネス文書 文例・例文・書き方 > ビジネス文書の前付け ]

ビジネス文書の前付け

< ビジネス文書の前付けの記事はココから >
ビジネス文書における前付けとは

前付けという以上文書の前に付ける基本情報のことですが、つまり文書番号ならびに件名(文書タイトル)になります。

普通のあいさつ文における文書の場合はこの日付・宛先・差出人は文末に認めますが、ビジネス文書においては冒頭に掲げることにより情報の有意義生をアピールします。

そして、件名(文書タイトル)を時によっては大文字で表すこともあり最重要な情報として感覚に訴えることもビジネス文書では必要なことになります。

 つまり感覚的で在りしかも視覚的に一見して理解させることですね、つまり趣的な社交の文書とは異なります。

 (現馮峭

発信する側、受け取る側の管理の為の通し番号

◆“信年月日

日付のないビジネス文書は、文書としての価値がありません、そしてどんな格好にせよ社内において書式を統一しましょう。

 宛先

社名・団体名・所属部課名・役職名・個人名・敬称の順序で書いていきます、略式ではいけませんし、役職名は個人名の下には書いてはいけません。

(株)東京○○  →株式会社 東京○○ と正確に書きます。

「総務部 佐藤○○人事課長」 → 「総務部 人事課長 佐藤○○様」と書いてください。

もちろん氏名の間違いや議事脱字は厳禁ですし、略字も避けましょう例えば「渡邉」さんを面倒だからといって「渡辺」といった略字にしないことです。

また、敬称は一般的に「様」でいいでしょうが、相手の名前が解らないような場合「製造部システムマネージャー殿」といった表記もありますね。

ぁ“信者名と捺印

文書を差し出した人の会社・団体名・部署・役職名・担当者名また住所や電話番号も必要な場合もあります。

捺印の方法としては公印(社印や団体代表者印)だけの場合、公印と職印(実印)の2種類そして職印(実印)のみの捺印方式があります。

ァ〃鑢

「題名」「表記」「表題」ともいいますが相手に解りやすく理解してもらうことが前提ですからしっかりと文字をせいりしましょう。

「○○○○について(○○)」が定形になります、実際には「ご依頼の申込について(依頼)」などですね。

< ビジネス文書の前付けの記事の続きはココから >
< ビジネス文書の前付けの記事はココまで >
| カテゴリ : ビジネス文書 文例・例文・書き方 | 2007.09.24 Monday 16:27 | - | - |
<< ビジネス文書の基本構成例 | HOME | ビジネス文書(本文の書き方) >>

この記事のトラックバックURL
注)このブログは『リンクなしトラックバックの拒否機能』を搭載しています。
この記事へのリンクのないトラックバックは スパム とみなし、今後トラックバックを拒否します。
リンク用URL ⇒ 
トラバ用URL ⇒ 

トラックバック一覧
【送料無料】Wordでできる!企画書・報告書・ビジネス文書のつくり方
RSSで更新状況をチェック
Go To Mobile-Site
qrcode
Author's Profile
現在表示記事
関連キーワード

ここに関連キーワードを記載

トライアルセット