ビジネスで使う文書の書き方、文例、例文、お詫びやお礼の文書例また手紙文書例を上げ、暮らしで使う文書の書き方、ビジネスや暮らしを円滑化する文章の常識、文章校正、手紙の常識と豊富な文書の無料テンプレートのサイトです、伝わる相手の心を揺さぶるビジネス文書を書いてみませんか。

ビジネス文書 文例 例文


【送料無料】パパッと出せるビジネス文書・文例Wordテンプレート500
SponsoredLink

新着記事

Favorite Link
記事検索

Categories
[ HOMEビジネスと法律 > ビジネス文書と法律 ]

ビジネス文書と法律

< ビジネス文書と法律の記事はココから >
 ビジネス文書と法律


ビジネス活動とは、今さらながら、利潤追求を常にもとめ、それを目標に日頃、精を出し邁進することである、当然に自由主義がモットーでより活発な展開が望まれる。


 しかし、いくらビジネスの世界にあっても全てにわたって、自由奔放さと言うわけにはいかない、あくまでも法治の内での自由な取引になる、この法律というタガを外しては、正当なビジネス戸は言えないし、ビジネス行為の全ての事象は全てが法律的な意味を持っていると考えて良いでしょう。


 そこで、このカテゴリの中では、ビジネスマンとして商いにおける法律に対し、常にこの法律をしっかり認識し、常に関心を持つことがじゅうようですし、このサイトの如く、主にビジネス文書の範疇の中でも、大きく言えば、社外文書を中心として、契約書、依頼書、見積書、納品書、請求書といったビジネス文書は特に、取引に関する法律が適用されていると考えてほしい。


 ビジネスには必ず相手があるわけで、契約という約束において遂行される、これはいつもいつも自分の思うとおりにビジネスが展開されとは限らず、例えば契約不履行なども常に考慮する必用がある。


 このようなときに法律は、円滑な取引を進めるために大変重要な部分にあたり、お互いのトラブル解決の為の根拠となるわけですね、これを思えば、ビジネスマンたるもの、十分な法律知識と豊富な経験が、有利なビジネス展開を可能にしていきますし、少なくとも法律への意義を理解することは重要ですし、最低限の知識です。


 発生率の高いトラブルはどんなトラブルが多いのか、またどんな法律が適用できるのかなどを事前に知っておくことはたいせつです、特に法律文書の作成にあたっての法律用語特有の使い方などのあるので、的確な文書表現を身につけておくことが必用です。

 明日以降、ビジネスと法律の関係文書の雛形や、ビジネスに纏わる法律の詳細について、投稿させていただきます、ではまた・・・




< ビジネス文書と法律の記事の続きはココから >
< ビジネス文書と法律の記事はココまで >
| カテゴリ : ビジネスと法律 | 2009.02.18 Wednesday 13:36 | - | - |
[ HOMEビジネスと法律 > ビジネスに纏わる法律 ]

ビジネスに纏わる法律

< ビジネスに纏わる法律の記事はココから >
 ビジネスに纏わる法律


 ビジネスを取り巻く法律を見渡せば、まず一番重要性を持ったものが、商法と民法ということになるでしょう、当然にその他の法規制に縛られる部分もあります。


 すこし、簡単ですが、それぞれの法律の特徴に迫っていきたいと考えます。


商法


 
企業とは経済的利益を追求するものですから、その利益のバランスをとるため、調整するための法律といっていいでしょう、これは、商取引に対しての事象を全てに対して優先して適用されるものなのですね、つまり総則、会社、商行為そして海商の四編、これは全八五一条からなっています。


 では、この商法に関するビジネス文書、主に社外文書としては、定款をはじめ、貸借対照表、株主総会議事録といった、ことビジネス文書においてはかなり重要な位置を占める。


民法

 
 民法となれば、その企業の財産関係や家族関係を規定する法律が中心で、ことビジネスに関する部分は企業財産関係が中心となり、第一編総則、第二編物権、第三編債権がこれに相当することになり、所有者権絶対の原則と契約自由の原則が大きな二本立てとなりますね。


 では、所有権絶対の原則とはどのようなことでしょうか、これはその所有権が国家の法よりも先に存在するという、神聖な不可侵の権利を云います。

 
 そして、契約自由の原則とは、財産取引は、誰でも自由意思で、法律関係を結べるということです、つまり、お互いに取引契約の内容や方法を方式を自由に決めることができるとされています。


 では、具体的にビジネス関係の法律文書としては、これも重要な部分ですが、債権・債務などのビジネスの根幹に関わるところで、損害賠償請求などにいとまがない、実際の文書作成においては、前例の雛形等を典拠、確認しながら作成することを勧めます。


 また、民法においては、小切手・手形法、そして借地法・借家法、特許法、実用新案法、意匠法といった小切手、手形による、取引、また企業の行う不動産の借地法に関しての法律文書も多いし、工業所有法などに及び、他社に権利を侵害されることを規制する法律もあります。


 他には、不正競争防止法、私的独占の禁止及び、公正取引の確保に関する、いわゆる独禁法などもありますし、最後にビジネスとは調節関係がないものの、労働三法いわゆる、労働基準法、労働組合法、労働関係調整法などが上げられますね。


 ではまた明日以降・・・
 

 
< ビジネスに纏わる法律の記事の続きはココから >
< ビジネスに纏わる法律の記事はココまで >
| カテゴリ : ビジネスと法律 | 2009.02.19 Thursday 13:21 | - | - |
[ HOMEビジネスと法律 > 法律とビジネス契約 ]

法律とビジネス契約

< 法律とビジネス契約の記事はココから >

 法律とビジネス契約


 法律と契約がどのように関連づけられているかを、前後繰り返しになるかもしれませんが、簡単に補足説明したいと考えます、まず商いの初めである、契約についてみれば、これは民法では、幾つかに別れていますが、まずは贈与、売買、交換、消費貸借、使用貸借、賃貸借、雇傭、負債、委任、寄託、組合、終身定期金、和解となります。


 上記での規定は、つまり任意規定でもあり、当事者が余所の内容で任意に取り決めを結ぶことも可能ですが、特に取り決めを設けない場合は、任意規定が適用できる。


 また、それに対して強行規定という、ビジネスをふまえた当事者が法律の規定同士で契約しなければいけないものもある、これは借地法・借款法など多い、このように契約を交わす場合は、任意規定か強行規定かをよく確かめる必用があります。


 ビジネス等での契約書は作成しなくても困らない場合もありますが、基本的なスタンスは、もし何かのトラブルに巻き込まれないため、巻き込まれても主張できる裏付けのためには、努めて契約書を作成し、ビジネスを行うことが重要です。


 この契約書の内容については、それぞれこと細かく規定することも可能ですし、それこそ、売った買ったといった単純な文面でも良いのですが、最低任意医定にない内容は明記しなければならないでしょう。


 特に、上記の典型契約に当てはまらない契約つまり、非典型契約を結ぶためにはことさら慎重な契約書を作成することが重要です。

< 法律とビジネス契約の記事の続きはココから >
< 法律とビジネス契約の記事はココまで >
| カテゴリ : ビジネスと法律 | 2009.02.23 Monday 14:14 | - | - |
[ HOMEビジネスと法律 > 絶対的商行為と相対的商行為 ]

絶対的商行為と相対的商行為

< 絶対的商行為と相対的商行為の記事はココから >
 絶対的商行為と相対的商行為とは


 ビジネス文書の作成とは直接に関係ない内容ととれそうな話題ですが、後日、ビジネスにおける法律文書の作成、書き方を紹介しますので、前もって知っておきたい事柄なので、難しい言葉が並ぶかもしれませんが、おつき合い願いたい。


 さて、この商取引を行う上で必用な商法を適用するとすれば、商行為と商人に分けられるでしょう、つまり商行為とは商取引のことを指し、商人とは会社や営業の主体と言えるでしょう、また大きく商行為には三つに分類され、まず、基本的商行為がありますが、ここに今回申し上げたい、絶対的商行為と、相対的商行為がある。


 絶対的商行為


 絶対的商行為とは、営利性があるのは当然として、複数に限らず、一回限りでも商行為と認められる、ではどのようなことが上げられるかをリストしてみたい。


 ‐行為の基本は、安く物等を仕入れことを基本にして利益を上げる、そしてそれを加工し製造し、付加価値を与え、商品・製品を販売する有為。


◆―蕕瓩蝋發売り込み、後には安く買い占め売却する行為、つまり高値で空売りし、相場が下がった頃を見計らい、安く仕入れて売り渡す行為。


 商品取引所または、証券取引所で行われる取引。


ぁ〕価証券、手形に行われる、振り出し、裏書き、引き受け等の行為。


ァ|簡殄媼匣弔凌託と社債総額の引き受け等。


 相対的商行為


 相対的商行為とは、営利を目的として、商行為を継続・反復的に行うことを指し、営業的商行為とも云われています、ではどのようなことを指すのかを下記にリストしてみたい。


 .咼襪離謄淵鵐畔臀検駐車場、リース業などの有償取得したものを賃貸すること。


◆\宿焚湛工場のように、よそから材料を仕入れ、世のニーズに合った商品を製作する請負契約。


 ガス、電力会社等の供給契約。


ぁ ̄身臓Ρ秦に関する契約。


ァ‥斂據不動産、船舶に関する工事の請負契約。


Α―佝如印刷、写真業の契約。


А ̄撚茣曄▲曠謄襦劇場などの客の招集を目的とした商行為の契約。


─〕其癲β澆袈癲ξ沼悗覆匹龍箙埃莪。


 営利保険業との契約。


 駐車場、倉庫業などの寄託契約。


 仲介、取り次ぎ等の契約。


 契約代理店商などの代理引き受け。


 信託法における信託の引き受け。


 無尽業法による無尽契約。



 また、付属的商行為などもある、これは、営業本来の目的とは別に、自分の資産の処分や、資金の借入、広告宣伝などをした場合などを指します。
< 絶対的商行為と相対的商行為の記事の続きはココから >
< 絶対的商行為と相対的商行為の記事はココまで >
| カテゴリ : ビジネスと法律 | 2009.02.26 Thursday 14:31 | - | - |
[ HOMEビジネスと法律 > ビジネスで使う法律文書の書き方 ]

ビジネスで使う法律文書の書き方

< ビジネスで使う法律文書の書き方の記事はココから >
 ビジネスで使う法律文書の書き方


 法律文書といえば、とても難しいという観念もあり、ついつい遠慮がちになってしまうものですが、企業内でのビジネスを見渡せば、全てに渡る文書が法律文書といっても過言ではない、そもそも企業は法律文書で成り立ち、運営しているのである。


 簡単にいえば、株式会社の設立には、定欺や株式名簿などの作成と保管が義務づけられている訳で、ビジネスにとって法律を無視することは許されない。


 相手方との取引が成立すれば、当事者間に権利と義務が生じますが、これを別に表現すれば、債権と債務とも言えるでしょう、この権利義務の発生そして変更、さらに消滅に関わる文書が法律文書そのものなのですね。


 もちろん、現場、現場において多義に渡り、条件は異なる場合もあるが、共通点は一つであり、それは意思表示をするための文書ということになります。


 単純な例を上げれば、ある商品の代金の請求をしないまま、放置し時効が成立すれば、その代金を回収することができなくなるし、請求すら不可能になってしまいます、ですから意思表示とは、この場合、相手先への請求書発行ならびに請求という行為が意思表示ということなのです。


 通常のビジネスにおいては、一回の取引における債務の覆行はそれぞれにおいて一定期間を要しますが、この間をスムーズし、無事完了するためには、その間に起こりえる可能性のあるトラブル等を最小限に押さえることを目的にするためにも、しっかりとした意思表示を示す、法律文書が必用とあります。


 この意思表示の法律文書とは、しっかりとした証拠書類となり、言うまでもなく、それぞれの局面に応じて、法律的効果が期待できる、従って、作成にあたっては十分な法律的知識が求められるのは当然ですね。


 では、明日以降ビジネス分野での法律文書とはどんな物があるのかを検証いたします・・・・ではまた・・・

< ビジネスで使う法律文書の書き方の記事の続きはココから >
< ビジネスで使う法律文書の書き方の記事はココまで >
| カテゴリ : ビジネスと法律 | 2009.03.02 Monday 18:16 | - | - |
[ HOMEビジネスと法律 > 小切手とは ]

小切手とは

< 小切手とはの記事はココから >

 小切手とは?

 ビジネスの社会にあって必用不可欠な法律はいくつかあることはご存知のことと考えます、今さらながら小切手について一考申し上げたいと考えます。

 すでに小切手をご理解いただいているビジネス分野の先輩諸氏には、退屈な文書と写るかもしれませんが、今年社会に飛び出し、ビジネスの最終目的である集金という行為で頂戴する貨幣制度を前庭とした法律的文書、つまり現金と同一化された法律文書のことですね。

 そこで、まず、この小切手とは、振出人が一定の金額の支払いを委託する有価証券であり、当然に現金と同一化できるという、法律上の規定がある書面と言えるでしょう。

 事実、小切手という言葉は解っていても、学生時代では殆ど目にしたことのないであろう、この小切手に対する決まり事を少し申し述べて見たい、小切手を作成するポイントとしては、

 ‐攘瑤諒現饕罎法△修両攘作成に用いる語を記載する。

◆^貭蠅龍盂曚鮖拱ГΔ戮委託であることの記載を要する。

 支払人の名称を明示する。

ぁ〇拱Г鮃圓γ呂良充┐鷲須。

ァ/興估は正確に記入、振り出し地も明記。

Α.侫襯諭璽爐砲匿興仗佑鯡正。


 とまあ、難しい綴りかもしれませんが、要は振り出し金額、振出人の名称、そして振出人の住所取扱金融機関がしっかり明示されているかどうかを確認すれば基本的には問題はないでしょう、この小切手とは繰り返しですが、現金の代替物としての法律文書である、多額の現金の出し入れにはリスクを伴うこと考えれば、安全でかつ便利なシステムと言える。


小切手の種類ならびに内容


 小切手と一言でいっても、実は幾つかの種類があることも覚えておいて欲しい、まずは記名式小切手、これは受取人を特定し、裏書き譲渡ができない小切手のことを指しまします、また指図禁止文句があるものを譲渡不可能、指名債権譲渡方式によってのみ譲渡が可能になります。

 また、指図式小切手がありますが、これは特定の受取人及び指図文句が記載されおり、裏書き譲渡が可能、そして自己指図による振り出しも可能です、また、記名式による指図禁止やそれに類する文句を記載したものを指図禁止小切手といいますね。

 そして一番ポピュラーなのが、持参人支払い式小切手ですね、普通に銀行との金融機関において換金可能な小切手ですが、記名持参人支払い方式と無記名支払い方式の二つの方式が存在します。

 その他の小切手

 ‖荵絢塋支払小切手があります、これは支払いが、支払人ではなく、第三者方つまり銀行でなされる旨を記載した小切手のことを指します

◆’鮹肋切手とは要件の欠陥が確定的でなく、後日その補充が予定されている小切手をいいます。

 個人小切手は取引銀行と当座預金で取引勘定約款を結んでいる方が扱う小切手ですね。

 
小切手の取扱注意


 小切手の振り出し

 重複を恐れずに書き込めば、振り出しとは、法定の事項を記載した小切手を作成、署名し第三者に交付することをいい、当然に法律の規定に準じた様式を備える必用があり、勝手に作成し、誰にでも交付し支払うことは許されない。

 小切手帳

 取引銀行と振出人との間に当座預金契約ならび、交互契約計算契約の締結を行い、成立後、支払銀行は小切手資金権利者に小切手帳を交付することとなります。

 この小切手資金とは、振出人が自由に処分できる資金つまり預金のことを指し、内容的には当座預金、当座貸越契約、交互計算契約、為替取引約定に基づく資金。当たり前ですが、支払額が預金額を上回るようなことがあってはならないし、常に支払い呈示がある以前に充足しておかなければいけない、支払い不能では会社の信用を無くし、過料の制裁を覚悟しなければいけない。


振り出し小切手の見本

小切手帳
 

< 小切手とはの記事の続きはココから >
< 小切手とはの記事はココまで >
| カテゴリ : ビジネスと法律 | 2009.04.26 Sunday 15:33 | - | - |

【送料無料】Wordでできる!企画書・報告書・ビジネス文書のつくり方
RSSで更新状況をチェック
Go To Mobile-Site
qrcode
Author's Profile
現在表示記事
関連キーワード

ここに関連キーワードを記載

トライアルセット