ビジネスで使う文書の書き方、文例、例文、お詫びやお礼の文書例また手紙文書例を上げ、暮らしで使う文書の書き方、ビジネスや暮らしを円滑化する文章の常識、文章校正、手紙の常識と豊富な文書の無料テンプレートのサイトです、伝わる相手の心を揺さぶるビジネス文書を書いてみませんか。

ビジネス文書 文例 例文


【送料無料】パパッと出せるビジネス文書・文例Wordテンプレート500
SponsoredLink

新着記事

Favorite Link
記事検索

Categories
[ HOME広告宣伝文の書き方 > 広告宣伝文の種類と特徴 ]

広告宣伝文の種類と特徴

< 広告宣伝文の種類と特徴の記事はココから >
 広告宣伝文の種類と特徴


 ビジネス分野における広告や宣伝という仕事は、製品などの販売促進において、不可欠な仕事の一つですし、もうすでに広告宣伝に従事なさっている方には釈迦に説法で恐縮しますが、あえて書き連ねたい。


 宣伝広告、例えば、新聞、雑誌、テレビまたはこのようなネット広告といった媒体を通してそれぞれの商品・製品の認知度ならびに消費者購入までのプロセスを後押しする。


 では、その広告宣伝文を考えるにあたっては、どんな文章を考えたらいいのか、手短に簡単明瞭も良いかもしれないが、単に短い文章を考えれば良いわけでもない、例えば広告宣伝文を考えるにあたっては、その製品商品の趣向に基づいたものでなくてはいけない、この広告計画は大きく分けて幾つかに分類される。

1,市場に対する商品の適応性

2,宣伝したい商品のビックポイント

3,ターゲットとなる消費者の性格・特徴

4、一般環境の特性

5,過去のデータ

6、等々


 広告宣伝を企画する基本的なこととは、その製品商品の置かれる状況が、あらゆる側面から検討してみることです、また大金を投入してプロの広告代理店に丸投げする方法もありますが、しかしあくまでも商品のコンセプトを握るのは発注者ですから十分な検討をする必要がありますね。


 では、話を少し戻し、この広告宣伝文の書き方ならびに種類と特徴を考えたい、この広告とは、云わずとしれたように『人に知らせる』と言うことです、つまり単に商品を売るばかりではなく、その企業、店舗、人間そのもの、はたまた信念、思想までも広告宣伝として成り立つ。


 少し具体的に云えば、●●精機株式会社という企業名であれば、『精密機械を作っている会社』と言うイメージを消費者に与えますし、『うまい、○○ラーメン』と言えば、あそこのラーメンは本当に美味しいのか、今度食ってやろうと思うかもしれません。


 そこで、宣伝広告文という戦略的な方法の場合、プロの手をあまり加えない方法もある、まずはチラシ広告ですね、新聞の折り込み広告もチラシ広告の一部ですし、駅前街頭で手渡しすることも出来る。


 また、宣伝広告の方法としては、直接、消費者に送る、ダイレクトメール(DM)がある、この方法をメディア・ミックスといいますが、複数の広告で効果的に販売促進活動を行う場合に良く利用されます。


 そして、視覚効果の高い文字で購買行動をおこさせる『POP』広告ですね、チラシやDMが消費者の購買意欲を遠隔的におこさせるのに対して、POP広告は、店内にディスプレーされ、具体的セールスポイントと視覚に訴える文字によって即時に購買意欲をわかせる効果が期待できる。


 そして、このようにネットを利用した広告宣伝の利用拡大はこれからますます利用される可能性を見いだしてきています。


 宣伝広告においては上記のように、それぞれの特徴がありますし、一長一短も考えられるます、いずれにせよ、最初に申し述べたように、その商品がもつ市場性そして、消費者の購入意欲をそそるしっかりとし広告コンセプトを確立することは重要ですね。
< 広告宣伝文の種類と特徴の記事の続きはココから >
< 広告宣伝文の種類と特徴の記事はココまで >
| カテゴリ : 広告宣伝文の書き方 | 2008.11.09 Sunday 17:31 | - | - |
[ HOME広告宣伝文の書き方 > 広告宣伝文の作成のポイントと注意点 ]

広告宣伝文の作成のポイントと注意点

< 広告宣伝文の作成のポイントと注意点の記事はココから >
 広告宣伝文の作成のポイントと注意点

 ビジネス文書の分野と言っていいこの広告宣伝文ですが、広告はあくまでもそれを見る側の消費者の立て場に立って購買意欲つまり『購買興味』のイメージを膨らませるのが大きなポイントになるでしょう。

 つまり、ビジネスとはある意味でその商品流通を目的にしたものであるから、いかにスムーズに商品のイメージを高め、そして購買につなげるかが全ての部分でもあるのは当然でしょう。


 前回は、広告宣伝文の種類と特徴にポイントを絞りましたが、今回は、広告宣伝文を作成する場合のポイントと注意点を考え手みたい。


 ではまず、広告宣伝文の考え方としては、客層つまりターゲットによって作り方に変化をつけることが重要でしょう、例えば仮に玩具を例にとれば、『この玩具は子供の創造性を引き立てるのに有効です』と宣伝し、子の親に購入させる気をおこさせるか、はたまた子供自身に『コレほしい』と思わせるものでは当然文章に違いが出てくる。


 今さら灘ら、この広告宣伝文で常識になっているAIDMA(アイドマ)の法則で言えば、Attention(注目)Interest(興味)Desire(欲望)Memory(記憶)Actuon(行動)の五つが広告宣伝文の基本とされています。


 このスタンスで言えば、まず消費者の目を引きつけ、その商品に興味を持たせることにより、購買意欲をかき立て、何とか欲しいものだといった過程を踏み、最後には購入行動をおこさせることです。


 広告を作成する側ならびに得る側が、消費者にたくさん買ってもらいたい、お客様の喜ぶ顔が見たいと思っているように、お客自体も楽しく喜んで買い物をしたいと願っているが、しかし消費者は多用な欲望とニーズを持っている。


 この多用な欲望やニーズとは特に全く正反対の場合も多い、例えば『安いものがほしい』と「『高いものが欲しい』など、広告文書の中で、安さを強調するのか、高級感をイメージさせるのかは、その商品の持つ特性ならびに商品がおかれる状況によって変化することが大切で、それを見極めた上で書くことが求められるでしょう。


広告宣伝文の具体的な留意点とポイント


1,明瞭で的確な表現に徹する、回りくどくもってまわったような表現は広告を見た人を引きつけない。


2,聞きやすく、話しやすい言葉遣いにする。


3,あくまでも客観的な立場で文書を書く。


4,商品の特徴をしっかり強調する。


5,広告全体が一定の方向で藤一されていること、イラストだけが強調されたり、宣伝文だけが目立ってもダメで、それぞれがバランスよく配置されるのが望ましい。

< 広告宣伝文の作成のポイントと注意点の記事の続きはココから >
< 広告宣伝文の作成のポイントと注意点の記事はココまで >
| カテゴリ : 広告宣伝文の書き方 | 2008.11.16 Sunday 10:23 | - | - |

【送料無料】Wordでできる!企画書・報告書・ビジネス文書のつくり方
RSSで更新状況をチェック
Go To Mobile-Site
qrcode
Author's Profile
現在表示記事
関連キーワード

ここに関連キーワードを記載

トライアルセット