ビジネスで使う文書の書き方、文例、例文、お詫びやお礼の文書例また手紙文書例を上げ、暮らしで使う文書の書き方、ビジネスや暮らしを円滑化する文章の常識、文章校正、手紙の常識と豊富な文書の無料テンプレートのサイトです、伝わる相手の心を揺さぶるビジネス文書を書いてみませんか。

ビジネス文書 文例 例文


【送料無料】パパッと出せるビジネス文書・文例Wordテンプレート500
SponsoredLink

新着記事

Favorite Link
記事検索

Categories
[ HOMEビジネス文書 督促 > 督促状の書き方 ]

督促状の書き方

< 督促状の書き方の記事はココから >
JUGEMテーマ:ビジネス


    督促状の書き方 催促状文例

    督促状文例の書き方のポイント

■ ビジネス文書に限らず、督促を促す文書の作成時の注意点としては、督促とは催促の一種ですから、感情的にならず、あくまでも冷静な文書を考える、つまり冷静な態度をもって、相手の非を指摘し、早急な善後策を見いだす文書を書く必用がありますね。

■ 督促状文例で重要なことは、正確な事実に基づき催促することです、相手の非を認めさせるということは、正確な事実関係、状況把握に基づく必用があります。

 共通認識をさせるための証拠や事実を提示することになります、たとえば口約束や伝言などによる情報では裏付けになりませんね。

■ また、督促状の重要な書き方の一つに、本音は別として建て前は相手の善意を信じるです、つまり、今回のトラブルが一方的に相手にあるとはいえ、また相手の故意により発生したとはいえ、こちらから決めつけた文書にしてしまえば、必ずや感情的になるでしょう。

 逆ギレ的かもしれませんが、人間とはそんなものです、トラブルをより一層拡大することは督促状の本来の姿ではありませんので、ほころびを大きくすることではなく収束していくことを目的としましょう。基本は建て前の上で督促状を書くということです。

■ 督促状 書き方の場合、相手が確信犯と断定できても建て前はあくまでも善意を信じる姿勢を貫いてください、よく『本状と行き違いの際は、失礼します』などといった督促状の慣用句がありますが、まさにそのことに尽きます。

■ 督促状書き方の中に必ず、こちらの困惑をしっかり伝えることは重要です、できればできるだけ、こちらの困惑の状態を書き記してください、それが具体的であらばあるほど相手にたいするプレッシャーとなるはずです。

■ 最後に必ず督促状は控えをとっておくことが後々の問題のためには重要です。

督促状の書き方 催促状文例

督促状の書き方
< 督促状の書き方の記事の続きはココから >
< 督促状の書き方の記事はココまで >
| カテゴリ : ビジネス文書 督促 | 2008.03.06 Thursday 12:57 | - | - |

【送料無料】Wordでできる!企画書・報告書・ビジネス文書のつくり方
RSSで更新状況をチェック
Go To Mobile-Site
qrcode
Author's Profile
現在表示記事
関連キーワード

ここに関連キーワードを記載

トライアルセット